• 医院紹介
  • ワンデーインプラント
  • 審美歯科
  • 料金表
  • 体験談
  • アクセス
  • お問い合わせ
骨がない方のための治療

骨がない方のための治療

GBR法=骨誘導再生法

垂直方向、水平方向もしくはその両方に骨吸収があってインプラントを植立すると、インプラントの一部が骨から出てしまう場合に用いる方法で、インプラントの露出面に自家骨または人工骨を置いて、その上からコラーゲン膜を覆い、チタンピンで固定する方法です。

GBR法 GBR法

ソケットブリザベーション

抜歯をした部分に人工骨または自家骨を填入し、コラーゲン膜で覆い4ヶ月ほど放置する方法です。

ソケットブリザベーション

ソケットリフト法・サイナスリフト法

インプラント補助手術のソケットリフト法とは、上顎の奥歯の歯槽骨(歯を支える骨)の幅は問題ないが、高さが減少しているケースで、インプラント埋入と同時に骨の高さを増大させる方法です。
患者さんの体に負担が少なくて良い術式ですが、少し適応が限られます。

ソケットリフト法

大幅に骨を造成させる場合はサイナスリフト法というまた別の術式があり、一般的には骨を造成した後にインプラント埋入を行います(骨の状態によってはインプラント埋入と同時のこともあります)。
ただし、サイナスリフト法はソケットリフト法と比較して、「骨への侵襲が大きい」、「骨の移植材が多量に必要」、また「2次手術までの期間が長い」などの問題もあります。

サイナスリフト法

遊離骨移植

顎の骨が大きく溶けてしまっている場合に、下顎の後ろのほうから自家骨を採取して、骨の量が足りないところに持っていき、移植骨を細いチタン製のネジで固定して約4ヶ月後にネジを取ってインプラントを植立する方法です。

※スプリットクレストや歯槽堤拡大術は、骨が薄い部位をより一層薄くするため、血液供給がいきわたらない悪環境になると私は思うため、当院では施術しておりません。

▲ページトップへ

Copyright©堺インプラントセンター 医療法人湯川歯科医院 All Rights Reserved.